一人暮らしの引越しを体験[hiphopradio]

一人暮らしの引越しを体験[hiphopradio]

rainbow

引越し業者の選び方

物件も決まって引越しをする日が決まれば、当日引越しの作業をしてくれる業者を見つけなければならないです。
周囲の友人や家族で行うという方もいますが、大きな家具や家電などは専門の業者の人に運んでもらった方が安心です。

万が一壊してしまった時は弁償をしてくれますし、短い時間で荷物を全て運んでくれます。
その時に重要になるのが、引越し業者の選び方です。

PCで引越し探し

最近では、様々な引越し業者があります。
荷物の量や引っ越し先のエリアまでの移動時間によっても、業者によっては見積もりの金額が様々です。

そして、荷物の搬出、搬入にかかる時間や、何人で来るかによっても金額が変わってきます。
その為、インターネットで一括で見積もりをしてくれるサイトがあります。

そこを使うと、自分の荷物がどのくらいあるのか入力すると、複数社からどのくらいの金額で行うのか返答が返ってきます。
返答があった会社の中から、一番安い業者を選ぶ事が一番です。

もし一番安い業者を選ぶ際は、保証などの面も確認する事も重要です。

引越し費用を少しでも安くする方法とは?

冷蔵庫も引越し
引越しをすると、引越し先での費用や家電の買い替えなどで費用もかさむので、引越し費用は少しでも抑えておきたいものですが、どうすれば良いのでしょうか?まず、転筋などの切羽詰った状況でない限り、引越しの多いシーズンである3~5月までの繁盛期や、日曜・祝日の引越しはやめておきましょう。
引越し業者を選ぶには、まず業者へ引越しの見積もりを出してもらうことから始まります。

最近ではインターネットを通じ査定を申し込むことができますので、なるべく多くの業者に査定を依頼する必要があります。
引越しには「人件費+人件費+運賃(ガソリン代・運送距離・トラック台数など)+オプション代金」がかかってきます。

引越しを安くするのに一番有効なのは、引越し荷物を少しでも減らしておくこと、見積もり書をよく見てから十分に検討することが大切ですが、見積もり結果で安かったらかと安易に選んではいけません。
オプションであるサービスを見直してみて、配線や梱包サービスなどの自分でできる部分は自分でやれるように、引っ越し前からの事前準備をきちんとしておきましょう。

参照サイト\格安で引越しするコツ
一括見積りを賢く利用すると、安く引越しができるのです。
また、時期などにも注意するとさらに良い結果がでますよ。

百戦錬磨、引越しのワンポイントアドバイス

百戦錬磨、引越しのワンポイントアドバイス
私は30代男性、ファミリーレストランでエリアマネージャーとして勤務しています。
大手チェーンのファミリーレストランなので、全国各地に店舗があります。
入社して以来約15年、9回の引越しを経験しました。
私も自分の人生でこんなに引越しをするとは思ってもみませんでした。
最初の頃は荷物をまとめるのが苦手で引越しの度に悪戦苦闘していましたが、3~4回目からは要領よく引越しの準備を行えるようになりました。
今からコツを幾つか紹介します。
まず割れ物などを入れる時にはダンボールを使いますよね。
そこで使う緩衝材は何をお使いでしょうか?通常は新聞紙や発泡スチロールを使いますよね。
しかし、ここで敢えて使うのがタオルやハンカチを使ってみます。
以外に沢山あるハンカチ、そして頂き物のタオルなどを茶碗やお皿の間や隙間に詰めて緩衝材の代わりに使用するのです。
もちろん新聞紙や発泡スチロールでもいいのですが、使ったら捨ててしまうものを入れるなら、引越し先でも使う物を入れて少しでもゴミを減らせた方が良い、と思い緩衝材の工夫をしてみました。
これだけで一軒家の方でしたらダンボール3つくらいは荷物を減らせます。
また衣類も同様これに使えます。
わざわざ百円ショップやホームセンターでお金を出して緩衝材を買ってくるより、有り物で代用できるならばそれに越したことはありません。
これが私流の引越しのワンポイントアドバイスです。

節約!かつ楽しい!引っ越し業者を使わない方法

節約!かつ楽しい!引っ越し業者を使わない方法
引っ越しは業者に頼む。
これが常識かもしれません。
しかし費用がかさむのが事実。
こんな時節約でき、なおかつ楽しめる引っ越しがあれば何と素晴らしいことでしょうか!?実は私や友達の間では、常識になりつつある究極の引っ越し方法、それは意外と簡単。
気の合う友達に手伝ってもらうことです。
最近は、皆さん一人一台は車を持っている時代。
結構段ボールなど小物を積むことができます。
また、大物の冷蔵庫やベット、タンスなどは、2トントラックをレンタルすればOKです。
最近は一日借りても大体一万円程度でしょうか。
私の友達は、休みの日であれば、レクレーション感覚で来てくれます。
もちろん昼食はこちらでお弁当を準備します。
友達の中には、引っ越しは大変なので、おにぎりやサンドイッチ、お菓子、ジュースなどを差し入れしてくれる人もいます。
重たい荷物は男手が必要ですが、4人もいれば大抵のものは運ぶことができます。
もちろん素人にお願いするので家具や家を傷つけたくない神経質な方は、この方法は選択できないかもしれませんね。
また人に頼むと逆に気を遣う方も難しいかもしれません。
でも最近の世の中、人と人とのつながりが薄くなってきているのが現実ですが、一昔前のみんなで助けあう引っ越しも意外と楽しく節約できるのではないでしょうか?浮いたお金で友達との貴重な(プライスレス)関係を築けますよ。

引越し貧乏?

引越し貧乏?
私は1年に一度は引越しをしている、巷で良くいう引越し貧乏です。
なぜそんなに頻繁に引越しをするの?と聞かれる事がありますが、理由は簡単です。
同じところに住むのが飽きるのです。
私は衣食住の中で最も住まいを重要と考えています。
もちろん食事はしないと死んでしまいますから最低限は必要ですけれど、外食を抜きにしてまでも住まいを優先させます。
私にとって住まいとは、全てのモチベーションの原点なのです。
朝起きるときの気持ちの入り方、仕事に出発するときの今日もがんばろうと思う気持ちの切り替え、仕事から帰ってきたときの安心感、一日の重要な気持ちを保たせてくれるのが、私にとっては「住まい」なのです。
確かに引越し自体は大変です。
引越しをする度にいらないものを捨て、新しい住まいに合ったものを買い直す。
確かに、引っ越し貧乏と言われても仕方ないですね(笑)でも、でも、私にとっては何にも返る事のできないのが、引っ越しなのです。
この5年間で引越しを本当に5度しました。
移動距離も半端ではないくらい遠いですけれど(笑)引越しは業者の方に頼むのが通常になっていますが、最近は自分で行う事も多いです。
引越し業者よりも私の方が引越しの仕方を知っているかもしれませんね(笑)。

引越しの準備で服の整理に四苦八苦

引越しの準備で服の整理に四苦八苦
 私が20代後半で引越しをしたときに困ったことは、アパートの部屋に山ほど荷物があったため、その荷物がとても大変だったということです。
 その荷物とは、主に着ていない服でした。
私は服を衝動買いしてしまう悪癖があり、そこのアパートに引越してからも次々に服を買い込んでいました。
最初の内はクローゼットに収まるくらいでしかたらまだ良かったのですが、その内クローゼットには収まりきらなくなり、ダンボール箱に詰めたりしていました。
 それでも「まだ大丈夫だろう」とどこか楽観していた私は、服の衝動買いをやめなかったのです。
すると、引越しをするときには、部屋中が服だらけになっており、遅ればせながらそんな部屋の光景を見て初めて「買い過ぎた」ということを反省とともに実感したのです。
 ですから、引越しが決まってから引越しするまでは、ひたすら服の整理に追われていました。
その中には、1、2度しか袖を通していない服もあり、とてももったいない買い方をしたと思いました。
 いざ引越し当日になって引越し業者の人がダンボールの山を見上げていたときには、口には出しませんでしたが「これは、何の荷物だ?」という心の声が聞こえてきそうでした。
 ですので、それ以来少しでも引越しの荷物を減らすため、服の衝動買いはなるべく控えるようにしています。

引越しのとき、冷蔵庫はどうしたらいいのか

引越しのとき、冷蔵庫はどうしたらいいのか
引越しの業者からダンボールを貰い、頑張って梱包している方のなかで「冷蔵庫ってどうしたらいいの?」と思っている人も多いかと思います。
私が過去に行った引越しでは、距離が長ければ冷蔵庫や冷凍庫の中身をすべて出さなければなりませんでした。
市内から市内であれば、冷凍庫の中身を出すだけで大丈夫でした。
とはいっても、冷蔵庫に入れておいて大丈夫なものは調理に使うめんつゆであったり、しょうがのチューブのようなものだけで、やはり野菜や卵などは出したほうがいいようでした。
冷蔵庫の中身をいちいち出すのはかなり面倒くさいですよね。
でも大掃除をするいい機会だと思って頑張ってみてはいかがでしょうか。
冷蔵庫の中身で一番びっくりしたのは、私のおばあさんの引越しの手伝いをしたときです。
なんと、賞味期限に「昭和」とかかれたものが出てきたのです。
冷凍食品だったのですが、思わず笑ってしまいました。
昭和のものはいくらきちんと冷凍してあっても、もう食べられないでしょう。
レトロを通り越して、びっくりしてしまいました。
でも引越し先のおばあさんの冷蔵庫は、中身が整理されてとても使いやすそうでしたよ。
ちょっと掃除を頑張れば、その後の使い勝手がぐんとよくなります。
是非頑張って掃除をしましょう。